Koichiのワインメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア 1998年

<<   作成日時 : 2006/04/30 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月30日(日)

昼下がりのドイツワインは良いです。 特にモーゼル・ザール・ルーヴァー
の甘口ワインはアルコール度数も低く、心地よく昼寝が出来ます。

選んだのは、フリッツ・ハーグのブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア
のアウスレーゼ・ゴールド・キャップです。 昼から贅沢しています。
でもこのワインかなり以前に買って、1本7千円くらいしかしませんでした。
安いですよね!
画像

最初に冷えていた時は酸が緩くてネクターのようでしたが、温度が上がり
酸が目立ってくると、よい感じの高貴な葡萄ジュースです。
やはりドイツのワインは酸です。 この酸がないとドイツワインの魅力が
半減です。 酸っぱいと思うものも有りますがいい作り手の酸は本当に
いいです。
色がクリーンの入ったシャンパンゴールドで綺麗です。 香りはミネラリーな
ペトロール香とアーモンド・胡桃・木の皮・蜂蜜です。 味は雑味の無い甘さ
と柔らかな酸で余韻はかなり残ります。
ソーテルヌの甘口より個人的には好きです。

ゴールドカプセルはオークションで販売されるらしいのですが、どうやって
輸入されているんでしょうね。 まあ口に入るのだから、有りがたいことです。
ちなみにドイツワインのラベルってよーくみると綺麗ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラウネベルガー・ユッファー・ゾンネンウーア 1998年 Koichiのワインメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる