ルネ・アンジェル ヴォーヌロマネ レ・ブリュレ 1997年

ここのとこ、赤が外れています。。。

好きな作り手、ルネ・アンジェル。
画像


今回は状態の問題は無いと思うんですが、澱が結構舞ってしまっていて、
雑味のある焦点のぼやけた印象のものになってしまいました。

香りはヴォーヌロマネらしい、高貴でバラの印象も持ったトーンの高い
ものです。熟成も進み、少しスーボワも入ってきてます。

色味も全体的にはルビーだが、エッジが少しオレンジが入ってきています。

しかし、味が疎らです。
ミルキーでやわらかい果実味を感じると思えば、妙な酸を感じるときもあり、
明らかに舞ってしまった澱のとせいだと思います。
(よくJ・トルショーのワインに多く出会います。)


少し家で飲む場合は、下準備をしっかりしておかないといけないと反省です。

こう異動が多くては、行きつけの店も出来ず、ワインのサービスを安心して
任せることが出来ないのを痛感してます。

ワインを立てて置けるスペースを作らないといけないとも反省しています。
引越しして2ヶ月足らず、難しいもんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント