2012年クリスマス

まだ去年ネタ。・・・マメに更新しないとダメですね。
(これでも大分端折っています。)

中ノ島にフェスティバルホールと言うビルが出来て、ここに
『ひらまつ』が入りました。
大阪には『ひらまつ』は今までなかったんですが、今回初進出と
言うことでしょう。

ワインが持ち込めることは本当に助かります。
でも残念だったのは、他の店舗に比べ、クリスマスのメニューに
関しては少し人数対応を意識した印象。
後1万円高くしても、品質を維持して欲しかった。
いいなって思うのは、ポール・ボキューズのスペシャリテの
コンソメスープくらいかな。
他はこじんまりしていてハレが感じられません。
前菜から以下の通りです。
画像
画像
画像
画像
ロッシーニ風ステーキも良いんですが、その前のホタテが中途半端過ぎ。

ワインには気合を入れてきました。
白はDomaine Ramonet Montrachet 2004年
赤はDRC La-Tache 2001年
画像
画像

液モレ容疑者のラモネのだったんですが、非常に綺麗で美味しい。
最初にゴマ→オイル→柑橘デザート
ちょっと早飲みで勿体無かったかな?
でも美味しかったので○です。
翌日もしっかり余韻に浸れる白でした。

残念だったのはラターシュ。
感動には程遠く、少し熟成を感じさせる印象。
しかし、どうも香りが漬物臭があり、きれいではない香り。
味も酸が先行していて、果実味が弱い。
スカスカではないですが、力不足を感じます。
保存に問題があったのか?
なにせ何度も連れまわしているんで、ストレスはありそうです。
他のヴィンテージも確かめないと。。。
ワインの色は綺麗なんですが。
画像


近いうちにもう一度他のヴィンテージも確認してみようと
思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Char
2013年01月10日 16:07
ラ・モンの連チャン&ターシュ、凄いですね!
私も昨年84のラ・モンを飲みました。
私のはちょっとシェリーがかってましたが、甘露な味わいは素晴らしかったです。
今年もオフヴィンの98あたりを開けようかと考えております(^^ゞ
koichi
2013年01月11日 08:56
Charさん、コメントありがとうございます。
実はCharさんが84ラ・モンを開けたのを見ていつか開けようと決めかねてやっと開けた次第です。
98ラ・バタは全くオフではなかったんで、もしかすると大当りかも知れませんよ。コメント楽しみにしてます!
hirob80
2013年01月12日 19:42
ラモンにターシュですか。圧巻ですね。koichiさんの影響で早飲みするようになりましたが、流石にこの流れは真似できません(笑 ラモンは10年以内だと表情乏しいものと思っていましたが、早いなりに美味しく飲めるんですね。近い年の上位の悶は03DRCだけ飲んだことがありまして、その時はうんともすんとも言いませんでしたので(^^; それと98、オフ感ないんですね。これまで手頃な価格の出物があっても徹底してスルーしていましたのでイイ話聞けました。ありがとうございます^^
koichi
2013年01月14日 18:50
hirobさん、いろいろ理由があって・・・。
ラ・モンはやたら液面が低くて、キャップシールがびくともしなかったんで大量に吹いたものと思い、空けちゃいました。瓶全体では酸が立つ場所や、ミネラルガチガチの場所があり不安定さも感じたので決して全て良いわけではなかったんですが、以前飲んだラギッシュよりは良いかなと。
ターシュは今回結婚20年目だったんで開けました。しかしほんとに検証しないとです。懲りずに近いうちに開けるつもりです。幼児虐待以前にコンディション不安です(TT)