テーマ:ワイン

昨年の年末ワイン

年末にいろんな理由で開けたワインたちです。 コメントが手抜きになってすみません。 ①Domaine Chevillon Chezeaux Nuit-Saint-Georges Les Saint-Georges 2005年  ここ2-3年、好きな作り手  NSGにしては、赤い果実も感じてそこそこハイトーンな印象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年クリスマス

まだ去年ネタ。・・・マメに更新しないとダメですね。 (これでも大分端折っています。) 中ノ島にフェスティバルホールと言うビルが出来て、ここに 『ひらまつ』が入りました。 大阪には『ひらまつ』は今までなかったんですが、今回初進出と 言うことでしょう。 ワインが持ち込めることは本当に助かります。 でも残念だったのは、他…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

結婚記念日@神戸

続けて投稿+また2ヶ月以上前の話題。 姫路ではあまり良さそうなフレンチがなかったため、 神戸まで足をのばして結婚記念日の食事。 『パトゥ』さんに伺いました。 非常に失礼な言い方ですが、勿体無いほど地味。 料理はすごく美味しいです。 ほんとうに驚きます。 でもシェフが一人で頑張っているのか相当メニューが 絞られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺でのワイン会

あけましておめでとうございます。 また大分更新をサボっていました。 3ヶ月以上前のネタですが・・・。 堺で昔ご一緒させて頂いた方々とワイン会を行いました。 ラインナップは、 Domaine Ramonet Montrachet 1984年 Domaine Tollot-Beau Corton-Charlmagne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミーユ・ジロー ヴォーヌ・ロマネ レ・ボーモン 1988年

昨日は自分事ながら、誕生日だったので、ちょっと古めのワインを 抜栓。 Vosne-Romanee 1erCru Les Beaux-Monts 1988年です。 購入したのは○メム○さんで、この当時の謳い文句は、カミーユ・ジローは 有力なネゴシアンで、このワインはHJのものを使っているかもしれない。。。 でした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

姫路城 見物

どうせ姫路に住んでいるのなら・・・姫路城を観ないと! でもタイミング悪く平成の大改修中。 ポジティヴにこのときしか観れない姫路城を観ようと見学に行きました。 家から20分(徒歩)なんで大した覚悟ではありませんが。。。 姫路城のお堀です。 そしてこれが入り口の門 七五の桐です。 世界遺産がバーンと出ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安定したルネ・アンジェルのクロ・ヴージョ

3年くらい前にアンジェルの2004年はGEやエシェ、VRと さんざん若飲みしたんですがどうも青いような青くないような、 伸びやかでない果実味とぎこちないタンニンを感じました。 だからラストVTとは言え、ハズレVTと思っていました。 しかしこのワインは、3年経って他とは違う印象。 1998を6年くらい前に飲みまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Temple of Heaven

Temple of heavenとは『天壇公園』のことです。 姫路城の撮影に行こうと思い、写真の整理をしていたら撮影した 写真がそのままCFに残っていました。 たくさん撮ったんですが抜粋です。 現代の中国の建築物に比べずいぶん丁寧に作られている印象です。 彩色の明度も悪くなく、釉の付いた陶器の瓦は非常に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトレイア サン・ジャック 2010年

珍しくスペインワイン。 ワイナリー和泉屋で購入しました。 東京に出てきて、最初に住んだ町で購入していた酒屋が和泉屋さんです。 その当時、まだネット通販なんてほとんど普及していない時代から 利用してました。 もう20年以上昔です。 その頃はViettiのバローロやモーリス・エカールのサヴィニーとか。。。 ともか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルベール・ボクスレ リースリング 2009年

先日、神戸で見かけて購入したワイン。 過去ずいぶん前の一回飲んだことがありましたが、久しぶりの再飲です。 自分の記憶の限り、横浜君嶋屋さんくらいしか扱いを知らず、 これも君嶋屋さんあつかいでした。 素朴なラベルが可愛いですよね。 色は若いVTにもかかわらずはっきりしたイエロー。 香りは意外にファット感が無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドミニク・ローラン シャルム・シャンベルタンVV 2007

2008年のクロ・ド・ラ・ロッシュが良かったので、調子に乗って。。。 お題のワインを開けました。 2007年は2008年に比べると大人しい割りにどうも酸が強く感じます。 もしかすると今から閉じようとしているのかもしれませんので、 正確なことはいえませんが。 少しコアに黒を感じる色味でまだ綺麗なルビー。 大…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ルネ・アンジェル ヴォーヌロマネ レ・ブリュレ 1997年

ここのとこ、赤が外れています。。。 好きな作り手、ルネ・アンジェル。 今回は状態の問題は無いと思うんですが、澱が結構舞ってしまっていて、 雑味のある焦点のぼやけた印象のものになってしまいました。 香りはヴォーヌロマネらしい、高貴でバラの印象も持ったトーンの高い ものです。熟成も進み、少しスーボワも入ってきてます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆかた祭り♪

♪は付けたものの、実はあんまり興味ありません。 大体、綺麗に気こなしている人が少ないし、柄も品が無いし。。。 たまにオッ!っと言う人もいますが、100人に1人くらい。 でも姫路に越してきて、由緒正しいイベントなので見物しました。 出店が800店とか。その規模も少なくとも西日本一だそうです。 こんなに姫路に人がいるのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドン・ペリニヨン1996年

私自身がシャンパンに造詣が深くなく、どうも2の次ワイン扱いです。 一度ドンペリの92年をご一緒させていただいた時、『これは!!』 と感動しましたが、そう簡単に入手できるわけもなく。。。 評価の高いドンペリの96年の物をなぜか安く2本購入できたので、 なんでもない日にシャンパンです。 状態が良かったんでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月前半に飲んだワイン

ここ2週間で飲んだワイン。 デイリーは飲んでいますが、まそこそこ語るにふさわしいワインだけチョイス。 ドメーヌ・ルーロ ムルソー レ・ティレ 2007年 これも胡麻ってました。 先月飲んだドーヴィサを少しだけ豊かにそして上品に仕上げた印象です。 色はまだ淡い黄色。 香りは蜂蜜に胡麻の炒った香り、後半ブリュレっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドーヴィサ レ・クロの2010年

久しぶりにドーヴィサのレ・クロ。 結構、前評判負けするときもあるけど、今回は違います。 これは美味しい! 最初からこんな美味しくっていいものか?って思うくらい美味しい。 ゴマを炒ったような香り、蜂蜜も、黄色い花も感じ取れ、 1回目の飲み頃ピークのよう。。。 味自体も、構造がしっかりしていて、酸がボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『幻』の生産者?・・・ドメーヌ オドゥール・コカール

姫路に西二階町という商店街があり、そこを西に抜けたところで ワイン専門店が! 早速入って、手ぶらで帰れず、そしてそこでお題のワインを購入。 お勧めのACブルを所望したところ、推されたのがこのワイン。 知られざる実力生産者とか。。。 まずは実力拝見。 色はルビーレッド、濁りも無く、若い印象。 香りは最初に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正体不明のクロ・ド・ラ・ロッシュby ドミニク・ローラン

関西圏に来ると、牛肉が安い。 しかも肉に厚みがあって、結構黒毛和牛が多い。 だから家でも『ステーキ』と呼べるものに安価にありつけます。 そこで今日はステーキ。 合わせたのはこのワイン。 <まだダンボールジャングルなので撮影場所は限定です。> ドミニク・ローランのクロ・ド・ラ・ロッシュ『キュベ・トラディション??』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィレーヌさんのブルゴーニュ レ・クルー2009

引っ越してまだ2週間・・・ワインがまだ落ち着いてなさそうなので、 デイリーワインを飲んでます。 このワイン美味しかった!! A et P de Villaine Bourgogne les Clous 2009 いままでもこのワインの評価は良かったと思います。 (宣伝文句の『DRCの生産者・・・』というのが気にいり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開

ずいぶん間を空けてしまいました。 2011年2月以来です。(なんと1年と3ヶ月です・・・。) その間東日本大震災もありました。 私自身も北京 → 北九州 → 姫路と職場を3回もかわって 落ち着かない環境でした。 ・・・でもワインはちゃんと飲んで買っていましたよ。 今姫路を少しずつ散策して覚えようとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近2週間で飲んだワイン

ワインも飲むペースが遅いのでなかなか記事に出来ません。 しかも飲みたいワインを飲んでいるわけでないので正直つらい。 最初が、マンションの下のセブンイレブンで購入したワイン SantaRita『120』 Chardonnay 2009年 色は黄に少し緑を挿したようでさすがに若い印象。 香りは私の苦手なシャルドネの南国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコラ・ポテル ACブルゴーニュ ルージュ 2007年

久しぶりのブルゴーニュ。 お題のワインを飲みました。 3日に分けて完飲。 初日は粗い印象と赤・黒入り混じった感じで良いイメージなし。 ただ合わせているものが日本食ではないのである意味良い感じ。 タンニンが強く、酸も立っていて、果実味がぼんやり。 2日目少し和らいだ印象で果実味も少し主張。 全体も赤い果実が強まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン生活開始

とりあえずボルドー1本、ブルゴーニュ1本購入して帰宅。 セブ○-イレ○ンで購入したとても耐えられないアルゼンチンワインを 料理酒に使い、買ってきたこのワインを飲みました。 CANDEL Haut-MEDOC de D'Issan 2004年 逆光ですみません。 昨日、今日2日に分けて飲みました。 1日目より2日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在、出張中

北京に出張してやっと一週間。 長いような短いような。 ブログもやっと、更新が出来るようになりました。 意気込んで、デジ一をもって来たのは良かったんですが、 肝心のリーダーを持っていかず、現地調達。 『CF(:コンパクトフラッシュ)』はメジャーではないのか、 なかなか店員に通じず。。。 リーダーと言っても通じません(←…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーズナブルなブル赤、でも美味しいよ。

ボーナス時期だったんで、良いワインに目を向けすぎて、 気づいた時には普段口にするワインが無かったです。。。 と言うわけで、急遽購入。 1つ目はラマルシュのACブルゴーニュ 2007年 Domaine Lamarche Bourgogne Rouge 2007年 この作り手は自分的な印象では、薄めに作るかなと思っていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早いけど美味しい

今日から仕事始めですね。 今日からお仕事の方、お疲れ様です。 会社は休みですが、私も少しだけ会社に出勤してきました。 昨日は脱御節ということで、イチボ肉のステーキを焼いてこのワインと。 エシェゾー レ・ロアショース 2007年 このワインは判りやすい。 アンヌ・グロのワインってどうも中途半端な時期に開けると 硬い印象が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初詣

今年は無事2日に初詣に行けました。 参拝はいつもの日枝神社。 前よりだいぶ人が増えてるんじゃないかと? 参拝の人は石段に並ばされて、ある程度空いたら神社内に。 20分くらいで参拝できましたが、5年ぶりで戸惑いました。 日枝神社って本当に都会の神社です。 周辺が高い建物ばかり。。。 でもしっかり手入れがされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。 各地雪や高波で大変そうですが、東京は非常に穏やか。 良い天気でのんびり過ごせてます。 まさに北京が氷点下だったため、多少寒いといっても温かいくらい。 久しぶりに会社の仕事を気にしない正月。 満喫の余り、元旦の今日は寝正月 大晦日から元旦までに飲んだものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京はまだクリスマス。

今、北京です。 クリスマスは終わっていますが、こちらはまだクリスマス。 時差は1時間しかないんですけど。。。??? 『光明飯店』(GUANGMING-HOTEL)に泊まってます。 ここもそう。 サンタがいかにもです^^; すぐ近くのショッピングモールも電飾一杯です。 これは綺麗ですが、なんだか良く分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと早いクリスマス(料理編)

場所はオークラ別館の12階です。 ここってホテルがたくさん集中しているのを再認識。 レストランはアール・ヌーヴォー調ではあるものの、 すべて曲線形式ではありません。 ただ皿は印象的。 まさに『ベル・エポック』(良き時代)です。 注文した料理です。 その場で注文したのでメニューが貰えていません。 だから料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more