テーマ:北京

Temple of Heaven

Temple of heavenとは『天壇公園』のことです。 姫路城の撮影に行こうと思い、写真の整理をしていたら撮影した 写真がそのままCFに残っていました。 たくさん撮ったんですが抜粋です。 現代の中国の建築物に比べずいぶん丁寧に作られている印象です。 彩色の明度も悪くなく、釉の付いた陶器の瓦は非常に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の新年③

ちょっと更新が空きました。 画像の編集ツールがないため、面倒くさい作業に飽きました。 人気のない通りをトボトボと一人カメラ片手に歩きます。 さすがにこのときに一眼レフをもって一人で歩く人はいなくて 怪訝そうに見られます。 光華路という通りに出たら、CCTVの建物がはっきり見えます。 近くに見ても奇怪さは変わりません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近2週間で飲んだワイン

ワインも飲むペースが遅いのでなかなか記事に出来ません。 しかも飲みたいワインを飲んでいるわけでないので正直つらい。 最初が、マンションの下のセブンイレブンで購入したワイン SantaRita『120』 Chardonnay 2009年 色は黄に少し緑を挿したようでさすがに若い印象。 香りは私の苦手なシャルドネの南国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の新年②

一つ書き忘れました。 今回春節と節分同じ日になりましたが、たまたまです。  私の小さいころは節分は旧正月と同じ、春節も旧正月と同じと 教わった記憶があります。 これが間違っていなければ、日本の節分が固定されているのが、 むしろ変り種ということになります。 日本の旧○○ってだいたい1ヶ月遅れてるだけですから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京の新年

新年快楽、恭喜發財・・・と声をかけられます。 どれも明けましておめでとうございます。 A Happy New Year!!です。 (正確には楽も財も字が違います。 日本語で相当している字です。) 昨日の大晦日と本日の正月と明日まで仕事はお休みになりました。 (相手が休みでは仕事にならないので・・・。) 昨日はいつも行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコラ・ポテル ACブルゴーニュ ルージュ 2007年

久しぶりのブルゴーニュ。 お題のワインを飲みました。 3日に分けて完飲。 初日は粗い印象と赤・黒入り混じった感じで良いイメージなし。 ただ合わせているものが日本食ではないのである意味良い感じ。 タンニンが強く、酸も立っていて、果実味がぼんやり。 2日目少し和らいだ印象で果実味も少し主張。 全体も赤い果実が強まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイン生活開始

とりあえずボルドー1本、ブルゴーニュ1本購入して帰宅。 セブ○-イレ○ンで購入したとても耐えられないアルゼンチンワインを 料理酒に使い、買ってきたこのワインを飲みました。 CANDEL Haut-MEDOC de D'Issan 2004年 逆光ですみません。 昨日、今日2日に分けて飲みました。 1日目より2日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在、出張中

北京に出張してやっと一週間。 長いような短いような。 ブログもやっと、更新が出来るようになりました。 意気込んで、デジ一をもって来たのは良かったんですが、 肝心のリーダーを持っていかず、現地調達。 『CF(:コンパクトフラッシュ)』はメジャーではないのか、 なかなか店員に通じず。。。 リーダーと言っても通じません(←…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰国

何度も帰ってるんで大した事ではないんですが・・・。 北京首都国際空港(Beijin Capital International Airport) 略してBCIAです。 中国語では空港ではなく飛行場(机場)です。 高速から見れる全景は圧巻なのですが、役員と一緒でさすがに 遠慮してしまいました。 このモニュメントを見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more