テーマ:レストラン

2012年クリスマス

まだ去年ネタ。・・・マメに更新しないとダメですね。 (これでも大分端折っています。) 中ノ島にフェスティバルホールと言うビルが出来て、ここに 『ひらまつ』が入りました。 大阪には『ひらまつ』は今までなかったんですが、今回初進出と 言うことでしょう。 ワインが持ち込めることは本当に助かります。 でも残念だったのは、他…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

堺でのワイン会

あけましておめでとうございます。 また大分更新をサボっていました。 3ヶ月以上前のネタですが・・・。 堺で昔ご一緒させて頂いた方々とワイン会を行いました。 ラインナップは、 Domaine Ramonet Montrachet 1984年 Domaine Tollot-Beau Corton-Charlmagne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと早いクリスマス(料理編)

場所はオークラ別館の12階です。 ここってホテルがたくさん集中しているのを再認識。 レストランはアール・ヌーヴォー調ではあるものの、 すべて曲線形式ではありません。 ただ皿は印象的。 まさに『ベル・エポック』(良き時代)です。 注文した料理です。 その場で注文したのでメニューが貰えていません。 だから料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと早いクリスマス(ワイン編)

今年は自分自身の都合がわからないので、早めのクリスマス。 こういう時でないと、自分で大枚はたいて食事はしませんから、 1年では大事なイベントなんです。 今回はとてもフレンチ専門のレストランには予約は取れず、 思い出してホテル オークラの『ラ・ベル・エポック』へ ここって、たしかジャック・ボリーがシェフをしていたかと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戻ってきたと感じるお店

東京に戻ったと感じるお店に行きました。 実は戻ってきて2回目なんですが、何度きても 落ち着きます。 ここのワインは割りと品揃えが良くって価格的にも 満足できます。 レ・カニエッテ ロッソ・ピチェーノ モッレロオーネ2003年 色も濃いですが、いかにもイタリアな赤。 土臭く、エレガントではないですが、色の通り果実味たっぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行きつけのお店の初ワイン会

予告通り、昨日ワイン会でした。 行きつけのワインバーで企画したワイン会。 もちろん自分のお店では本人が楽しめないと言うことで、 他の知り合いのお店で開催。 開催したお店は、『リストランテ・カスターニャ』 持ち込んだワインたち。 飲んだ順番は ①お店で注文したシャンパーニュ(名前を忘れてます) ②ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには濃いヤツを。

金曜日は早く帰り、家でまともに夕食。 ハッシュ・ド・ビーフだったんで、濃いヤツが良いかなと、 これを飲んでみました。 ドメーヌ・ヴィーユ・テレグラフ シャトーヌフ・デュ・パプ“ラ・クラウ”2005年 早かった・・・タンニンも果実味も攻撃的で。 香りもアルコールが直球で鼻に来る感じ。 色は非常に透き通っていて、濃いだろうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒歩2分のイタリアン

まだ古墳の町に来て、全く満喫出来ていない私です。 ある意味、行きつけの店はたくさん出来ていますが、 まるで夜行性の猿状態。。。 普通の時間に開いているお店に久しぶりにお邪魔しました。 歩いて2分。 まさに私の住んでいる場所は繁華街の真横なんです。 お店の場所を言うと家が判ってしまうくらいの距離です。 そのお店はかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう3月ですね。

前回更新してから、もう1ヶ月も更新していません。 ここのところ飲んだワインは以下の通りです。 モーリス・エカール サヴィニー・レ・ボーヌ ナルバントン2001年 なかなか良い香りでした。 甘い果実味もあってちょいと熟成したワインで、さすがの 出来です。 しかし、保管状態が今一つだったのか、それとも未だ酒質が おちつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2009年 今年のリルの料理

オーベルジュ・ド・リルも3回目。 いずれも結婚記念日に利用です。 しかし結婚記念日は同じなんで(当たり前!!)、どうしても料理の構成 が同じになるのが不満でした。 今回はスタッフの方に非常に気を使ってもらい、特別メニューを構成して 貰いました。アラカルトとコースの組み合わせで構成。 ワインにも良い具合に合いました。 実は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1997年のラ・ターシュ

結婚記念日と言うことで、いつものここへ。 オーベルジュ・ド・リル ナゴヤです。 持込でこの2本を。 Domaine des Comtes Lafon Meursault Perrieres 1997年 DRC La-Tache 1997年 事前に2時間前に抜栓をお願いしました。 抜栓したコルクが置いてましたが…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ワイン会

1年ぶりくらいのワイン会。 ワイン会はいつも開けられないワインが開けられるのが嬉しいです。 メンバーは4名で場所は名古屋 『壺中天』 照明暗めの不思議な空間のお店です。 持ち込んだワインは以下の通り ジャックセロス ブラン・ド・ブランブリュット: 濃い目の色合い。 さすがの旨さです。 酸と余韻が心地良…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

日曜日の銀座

親父の一周忌で東京に戻りました。 幸いゲリラ豪雨にも見舞われずに無事終了。 ただ久しぶりの太陽は痛いぐらいに照り付けてました。 三重の夏より暑いかも なんて感じました。 会食が遅くなったせいで、夕食も8時過ぎにずれ込みました。 日曜の銀座の8時なんてあんまり人が居ないとおもったら、ソニービルの前に 人だかり。 この時期よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規開拓。。。

先日、発見してランチで良さそうだったので、今度はディナーで再訪。 新規開拓していかないと楽しみがなくなります。 見て判るように、すごいヴォリュームです。 アミューズなんて3回分?入っています。 鯒(コチ)のカルパッチョですが、これも1人には多い。。。地産地消の皿なんで 新鮮で美味しいですが、後が入らなくなりそう。 (コリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Chassagne-Montrachet 1er Les Verget 2006年

本当にいい天気 初夏を感じます あまりにいい天気なんで、今日は津に行ってみました セントレア行きの高速船発着場にイタリアレストランが併設されていて 景色も相まってランチには最高です。 『リストランテ・ソプラノ』 住所:三重県 津市 なぎさまち1…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雪の飛騨高山

ご多分に漏れず、私のいる会社も生産が緩くなって今回の正月は しっかり休みが取れています。 10年ぶり以上でしょうか^^; 急な休暇は、うまく利用できないのがサラリーマンの性です。 と言うわけで急遽高山旅行を企画。 何せ急でそのためかしっかり雪のカウンターパンチを食らいました。 昔の町並みを残し、風情があります。 写真では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年のクリスマス

飛び石でしかも肝心のクリスマスは平日の真っ只中なので 21日に食事をしました 訪れたいレストランも無く、無駄にお金も使いたくなかったんで、 名古屋駅の上の『ブラッスリー・ポール・ボキューズ ラ・メゾン』へ。 まあホントの大衆フレンチ。 ひらまつ系列なのでリルと一緒です。 ここはコースが安いので どう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ 2回目

結婚記念日と言うこととワインの持ち込み(抜栓料アリ)で味をしめ、 2回目の訪問です。 相変わらずインパクトのあるシャンデリア。それに本店近くの風景写真。 最初はシャンパーニュに薬草のリキュールを加えた簡単なカクテルで アペリティフです。 ローラン・ペリエのノーマルキュべなのでペラペラ な印象を気にしていましたが、リキュール…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

久しぶりの名古屋

なんか8月からバタバタしていて、名古屋に出たのも久しぶりでした。 いつものように買い物をして、夜は駅のイタリアンで食事しました。 東京の方はご存知のピザ屋さんです。 フォアグラのソテーとムースです。 ここの売りのピッザです。 実は初めて頼みます。 だからマルゲリータ。 まあケーキ屋で言うガトー・オー・フレイズっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島にて

だいぶ更新をサボりました。 ボチボチ追っかけで更新したいと思います。 2年帰らないだけでもだいぶ変わっていて、鹿児島市の中心だった 天文館はなんとなく元気がなく・・・どうやら郊外のショッピングセンター に客を取られているようです^^; 郊外型が流行るは田舎の証拠なんですが、景気が悪いので仕方 無いとも。。。 しかし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

TheKitchen SalvatoreCuomo NAGOYA

時折いくお店ですが、割と気に入っています。 もちろん、感動するまでいかないけど、そこそこの料理を提供してくれるし、 値段もそれなり。  ワインの品揃えもそこそこで満足させてくれます。 三重で食べたどのお店と比べてもまったく負けていないです。 食べたのは以下の通り↓ マグロのカルパッチョ ジェノベーゼソースとツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ

10月21日(日) ここのところ、風邪が治らず、ワインも殆ど自粛 食事もお粥ばかり。 元気がでません。 でも結婚記念日の食事ということでフレンチを予約。 無理にでも治しました。。。と言うより2週間もぐずっていたら さすがに治りますね。 行ったのが、ミッドランドスクエアの42階にあるお題のお店。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

久々のイタリアン

10月6日(土) 体調が悪かったんだけど、なんか3連休が勿体無くて、 外出です。 でも夜は面倒だったので名古屋でイタリアン 繁華街と繁華街の境目にあるお店。 まったく名古屋の安くて美味しいイタリアンが分からず、ネットで検索。 東京にいた頃は、○○に乗ったモッツァ○ラというとこが行きつけで そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのイタリアン

7月7日(土) 東京にいた頃はこれでもかと言うくらい、イタリア料理の店が 有ったんですが、三重に来てまったく行くことがありません。 と言うのも車でしか行けないようなところにしかないから・・・です。 パスタやピザだけが目的ならともかく、ワインを飲みたい人には 車で行けないお店とはどうか?と思います。 という訳で名古屋で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クラウディ ベイ ソービニョン

2月7日(水) 久々の東京で、マンゴーツリー東京に食事しました。 タイ料理はナンプラーとレモングラスとパクチーと・・・ 不思議なハーモニーで無性に食べたくなります。 あわせたのはお題のワイン。 いつもこれです。さわやかで青りんごや草っぽいところは エキゾチックなタイ料理にピッタリです。 あまり細かい印象は語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16日の続き

もちろん外食して、ワイン1本でおさまる訳もなく、赤を1本注文。 それが、下のワインです。 シャトー・ラロゼ1998年です。 このワインは最初にパーカーさんのワインガイドを買ったとき もう18年くらい前ですが、評価が良かったワインです。 その頃はサンテミリオンにも興味があり、よく買っていました。 余談ですが、今思えばそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行きつけの店

1週間~2週間に1回自宅に戻っていますが、引越し先も決まり そろそろ行きつけの店にもご挨拶と池袋のイタリア料理屋に いきました。 その店の場所は池袋の中でも決して良い場所にはないんですが、 味がそこそこ良くてワインが安いので結構利用させてもらっています。 まずほとんどのワインが小売の1.5倍。それでも店の主のママさん (この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

接待

2月16日(木) 業者と打合わせした後、食事に出かけました。 私の職場とは 違い、横浜の都会。 相手が私がワイン好きであることを気遣い ワインバーにしてくれました。 お洒落なお店です。 お店の名前は「アンサンセ」です。 http://www.linsense.com/ 6人で食事だったので、色々と楽しめました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイゼリア

1月27日(金) 引越し中で荷物も出てこないため、今日は近所のサイゼリアに 出かけました。 美味しい!って訳ではないけど、お金の掛かる引越し時期には 良いレストランです。 そのサイゼリアで、ワインを飲みました。 ワインの名前は「サイゼリア・プレミアムワイン」・・・そのまんま! 正体はイタリアのDOCワインでちょっと失念し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所のイタ飯やでピノ・グリージョ!

連休だったと言うことで、近所のイタ飯や(この呼び名も古いですね) で食事をしました。 前日自宅で焼肉だったので、魚介類中心に 食べました。 あわせたワインはフリウリのピノ・グリージョ。コッラヴィーニという 生産者のワインです。 トカゲの絵のついたラベルのワインが有名で私も一度飲んでいます。 その時の印象は、酸が強めの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more